2010年06月16日

先週の戦績

先週のギルド戦績を残します。

攻殻に現在属する霊術師はレベルが低いためギル戦での参加の可能性は低いです。先週は相手に霊術師がいる場合にどう対応しようかという点を考慮しながら試行錯誤をしました。

ただそれが対戦相手に不愉快な思いをさせた場合があったようです。この場を借りてお詫びします。

では詳細を
対エターナルフリーダム戦(6/9)
しっかりメモを取ってなかったんで記憶があいまいなんですが、攻殻側の参加は13名ほどであったと思います。ビショ2だったので1PT1ビショにするか、1PTに固めるか悩んだ末、後者を選択。もう1PTは武道・シフのみPTとしました。(5-6名だったと記憶しています)
そんなこともあり開始前の叫びで霊術師の制限スキルの交渉を「点差がついたら自粛お願いします」のようなあいまいな表現にしてしまいました。その場では気づかなかったんですが、結果的にはこの交渉と戦況が相手に不快なギル戦と印象付けてしまったようです。
もともと火力的にやはり差がありまた霊術に不慣れなこともあり点差が離されてゆきます。途中から相手側が最初の叫びを考慮して、霊術の戦線離脱をされたそうです。しかしそのことが良く分からずその霊術に対しても攻撃してしまったようです。戦況不利な中、全くこれらのことを理解できず、何とかポイントを取ろうとそれに集中しておりました。これらのことは後日ギルメンが報告してくれました。
エターナルフリーダムの皆さん、対戦ありがとうございます。また気づかなかったとはいえ不愉快な思いをさせてしまったことをお詫びします。
ギル戦-エターナルフリーダム-20100609.png

対あかね色に染まる坂(6/11)
以前にも対戦したことがあるので青鯖TOPクラスの霊術師が居られることはわかっておりました。前の反省を生かし、試合前の叫びで「魂のスイッチ」と「ソウルブレイズ」の自粛をお願いしました。交渉は成立しこれならと思って対戦したんですが、結局「真空→竜巻(移動制限)」と「胴斬り」が致命傷になり戦況を攻殻のペースに持っていけませんでした。とくに「胴斬り」の自動発動スキルのOFFは悩ましいものでした。グラがあまり派手でないので気がつきにくい。気がついてもしばらくの間(正確には測ってないですが、体感的には10秒以上のような気がした)はONに戻せない状態が続きます。キャラによってはこれは致命的です。
そうこうしているうちに終わってしまった感じでした。
あかね色に染まる坂の皆さん、対戦ありがとうございました。
ギル戦-あかね色に染まる坂-20100611.png

対†Mist of Chaos†(6/13)
霊術を避けたいと思いが通じたのか、両方に霊術がいない対戦となりました。どちらも2PTで火力的にも似たような感じだったように思います。相手の天使のデスペルが嫌だったいうことをギルメンが話していました。こちらも相手アチャ2やWIZにデスペルを連発したつもりですが、タゲ合わせの面で上手くいかなかったようです。かなりポイントは離されましたが、ガチにぶつかったように思います。
Mist of Chaosの皆さん、対戦ありがとうございました。
ギル戦-MistofChaos-20100613.png
posted by Amor at 13:45| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ギルド戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153429050
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

このブログは2005年8月17日より始めています。 内容を充実させるというよりは、気ままにRSをやりつつ思ったこと情報を掲載させていきます。興味のある方、お付き合いをお願いします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。